Wi-Fiプロバイダを徹底的に比較してみる

 Wi-Fiを選ぶ際、どこを選ぶのかは人それぞれですが、Wi-Fiは縛りが結構長いので、自分に合ったWi-Fiを選ばないと後悔してしまう事もあるかもしれません。
 このサイトはモバイルWi-Fi関係で、自分に合ったWi-Fiを見つけられるように、様々な角度から特徴、評判、問題点などを挙げてあります。
 これからWi-Fiを検討している貴方のお役に立てば幸いです。

 

 

Wi-Fiプロバイダってどこがある?


 Wi-Fiプロバイダといっても、固定回線を別にすると、おおよそ2つに分けられます。
 ここではWiMAXとLTE系に分けて説明していきます。

 

WiMAXとLTE

 WiMAXとLTEって、似たような感じがすると思いますが、それぞれ特徴があります。
 WiMAXは、最近CMでも色々流れていますが、WiMAXとLTEにはそれぞれには以下の特徴があります。

WiMAXの特徴

 WiMAXの特徴を挙げてゆくと以下の感じになります。

WiMAXは大本がUQコミュニケーションズ

 WiMAXにも色々な会社があると思っている人がいますが、大本はすべてUQコミュニケーションです。
 簡単に言うと、UQコミュニケーションズから回線を借りて売っている感じになります。

その気になればLTEも使える

 WiMAXは、その気になればLTEを使えるプランがあります。
 3年契約のギガ放題プランを使うと、タダで使えますので、お得感がありますが、個人的にはあまりお勧めしていません。

 

WiMAXはLTEよりも速い

 もちろん、場所にもよるという事が前提ですが、総じてWiMAXの方がLTEよりも速いです。

 

WiMAXはエリアが狭め

 WiMAXとLTE系を比較すると、WiMAXの方がエリアが狭いです。

 

WiMAXの方が入りにくい

 WiMAXは高周波を使っていて、建物などの影響を受けやすく、プラチナバンドに近い周波数を使っているLTE系よりも電波の入りという点で不利です。

WiMAXは無制限

 WiMAXは3日間で10GBを超えると制限があったりしますが、これ以外にはWiMAXを使っている限り制限がありません。
 LTEの場合は月々の容量が決められていますので、この差が大きいと感じる人はWiMAXを選択する事をお勧めする事になるかも。
 ※3日間10GB制限は、具体的には以下のとおりです
 「ネットワーク混雑回避のため、前日までの直近3日間でWiMAX 2+およびLTE方式の通信量の合計が10GB以上となった場合、ネットワーク混雑時間帯(翌日18時頃から翌々日2時頃(2017年2月時点))にかけてWiMAX 2+およびLTE方式の通信速度を概ね1Mbpsに制限」・・ブロードWiMAX公式サイトより

 

モバイルWi-Fiのメリット・デメリット

 モバイルWi-Fiの検討をしている人のご参考までに、モバイルWi-Fiのメリット・デメリットを挙げておきます。

モバイルWi-Fiのメリット

 モバイルWi-Fiには固定回線と比べて以下のメリットがあります。

工事不要

 モバイルWi-Fiは、固定回線で必要な工事が必要ありません。
 当たり前の事ではありますが、固定回線の場合、工事完了までネット環境がありませんし、工事業者さんと自分のスケジュール調整が意外と難しく、時期によっては1カ月以上先にならないと工事ができない事もあるので、工事が必要ないというのは魅力的です。

固定回線の撤去費用

 固定回線とモバイル回線を比較した場合など、固定回線はキャンペーン等をやっていて「工事費無料」などと謳っている事もありますが、撤去費用も頭に入れておきましょう。
 設置工事費用が無料になっても撤去費用は別な話です。

 

屋外でもネット環境を構築できる

 モバイルWi-Fiは、屋外でもネット環境を構築できるので、今までスマホのテザリングや無料Wi-Fiスポットで済ませている人には魅力的です。

 

モバイルWi-Fiは固定回線よりも安い

 モバイルWi-Fiは、固定回線と比べると安いです。
 キャンペーン等をやっていて工事費が無料だったりしますが、トータルコストでは一般的にモバイルWi-Fiに分があります。

 

 

 

モバイルWi-Fiのデメリット

 モバイルWi-Fiのデメリットは、およそ以下のとおりです。

 

モバイルWi-Fiは遅い

 モバイルWi-Fi最速と言われているWiMAXでも限られたエリア内で、ベストエフォートでも708Mbps程度です。
 固定回線の場合は1GBMbpsですから、固定回線の方が速いです。

 

電波が安定しない

 モバイルWi-Fiは、固定回線と比べると電波の安定度がイマイチになります。
 ただし、個人的な経験ですが、NextMobileを使っていて不自由と感じたことはありません。

 

電源の管理負担が増える

 モバイルWi-Fi端末は充電が必要ですから、新たにモバイルWi-Fiを持ち歩くなら、端末の電源管理をシッカリとしておかないと、モバイルWi-Fi端末がタダの箱になってしまいます。
 私自身も充電し忘れて、途中で切れてしまったことがあります。

 

端末を無くすと面倒

 モバイルWi-Fi端末は、無くしてしまうと悪用される可能性もあります。
 犯罪にでも使われたら困った事になってしまうので、万一モバイルWi-Fi端末を無くしてしまったら、プロバイダにお願いして止めてもらう、警察に連絡するなど、悪用を防止する措置を取りましょう。

 

モバイルWi-Fiプロバイダはこんなところを比較しよう

 モバイルWi-Fiプロバイダにもそれぞれ個性がありますが、ここではモバイルWi-Fiプロバイダのぜひ比較してもらいたいところを挙げています。

 

速さ

 速さだけで考えたらWiMAX一択になりますが、WiMAXにも色々なプロバイダがありますので、よく考えて選択しましょう。

 

エリア

 モバイルWi-Fiはエリアが広いかどうかがかなり重要ですが、普段自分が行く場所で入ればよいという考え方もあります。
 個人的にはモバイルWi-Fiをエリアで考えたらWiMAXよりもLTE系の方がおすすめ。
 WiMAXもギガ放題というプランならLTEを使えますが、このプランでLTEを使いまくるとあっという間に7GB制限に掛かってしまいます。

 

料金

 料金重視でモバイルWi-Fiプロバイダを見ると、ネクストモバイルがおすすめ。
 20GBで3,000円という破格のお値段でモバイルWi-Fiを持つことができます。

 

コスパで見るWi-Fiプロバイダ

 Wi-Fiプロバイダをコスパで見ると・・20GBプランでドコモとネクストモバイルを、1GB当たりの価格で比較してみると分かりやすいと思います。

DoCoMo(20GB) 価格 1GBあたり
ウルトラライトパック(20GB) 6,000円〜5,200円 300円〜260円

DoCoMoとネクストモバイルを比較してみると・・

ネクストモバイル(20GB) 価格 1GBあたり
20GBプラン 2,760円 138円

 

DoCoMoで大容量をつかうのであれば、ネクストモバイルの方がコスパが高いのは一目瞭然ですね。

 

縛り(更新)期間

 モバイルWi-Fiプロバイダで気になるのは、回線速度等ももちろんそうですが、縛りも気になります。
 更新月までの期間が長いと、ライフワークの変化への対応が大変です。
 たとえば4年縛りのモバイルWi-Fiを使って、もしも更新月に更新しなかった場合、次の更新月は8.年後とか・・
 縛りの期間は出来るだけ短い方が個人的にはおすすめです。

 

端末の保証

 モバイルWi-Fiは端末が壊れてしまったらどうにもなりませんが、オプションで端末の保証があるところが多いです。
 問題は、端末の保証内容ですが、これがWi-Fiプロバイダによって違っていたり、同じWi-Fiプロバイダでもオプション料金によって保証内容が違っていたりするので、よく確かめておきましょう。

 

水濡れ保証とWi-Fi端末

 モバイルWi-Fi端末は、水濡れに弱い・・
 というか、私が知る限り以前のスマホのように水の中に落としたら壊れてしまうものがほとんどです。
 一方、もう5年以上モバイル端末を使っていますが、個人的には自然故障の経験がありません。
 つまり、今自分でモバイルWi-Fiを契約するなら、自然故障対応ではあまり意味がなく、水濡れ保証が欲しい訳です。
 たとえばネクストモバイルを注文すると、水濡れ保証がないので、個人的には保証としてはあまり意味ないと思います。